自動車事故費用共済

この共済は主として、人身事故を起こした加害者の自己出費を補うための制度です。

特色
ほとんどの場合、任意保険等に関係なく契約者にお支払いします。
年齢・性別に関係なく車種別に掛金が設定してありますが、加入は自家用車に限られます。
(自家用のナンバープレートは軽自動車が黄色地に黒文字、軽自動車以外は白地に緑文字となっています。)
車をナンバープレートで登録しますので、マイカーなら家族の方が運転していた場合もOK、企業であれば社長さんからパートさんや
アルバイトの方まで従業員の方の運転中の事故ならOKです。
事業者の場合は掛金が損金処理できます。
上記以外の方は二名まで届出運転者として登録でき対象となります。


保障内容(300万円)

死 亡 300万円 事故の日から180日以内に死亡した場合
後遺障害 12万円〜300万円 程度(等級)により最高300万円まで
入 院 4,500円
(1名1日につき)
1事故で1日18,000円が限度です(ご契約者同士の事故の場合も)
また、お支払いは365日か300万円が限度になります
通 院 2,250円
(1名1日につき)

*契約者側への支払は定額払いですが、契約者にも過失があり相手側への支払いが生じた場合には、死亡臨時費用共済金(30万
円)、入通院臨時費用共済金(3日以上の入通院が確認出来た場合に3万円)をお支払いすることが出来ます。


車種別掛金   

共  済  金  額 共済掛金
車        種 年 払 月 払
 自家用乗用自動車 9,000円 900円
 自家用軽乗用自動車 4,500円 450円
 自家用普通貨物自動車 (2t超) 16,500円 1,650円
 自家用普通貨物自動車 (2t以下) 13,500円 1,350円
 自家用小型貨物自動車 9,000円 900円
 自家用軽貨物自動車 4,500円 450円


特約と特約掛金

車両事故共済金 30,000円
自損事故及び他の車との接触事故または盗難・いたずら等第3者による被害または自然災害(ただし、地震・噴火・津波は除く)
の結果、経済的自己負担額が3万円以上となった場合、1年に1回を限度としてお支払致します。
 特約掛金 年 払 2,100円 月 払 210円
対物事故特約  30,000円
被共済自動車が過失のある事故により、他人の財物に2万円以上の損害を与えた場合に、経済的自己負担額が2万円以上と
なった場合、1年に1回を限度としてお支払致します。
特約掛金 年 払 1,000円 月 払 100円


共済金請求に必要な書類は事故の内容により事故証明書、死亡診断書、医療証明書や見積書、共済金使途に関する報告書や
領収書等などございますので、窓口にご確認ください。また事故の際には警察に届け出て頂きますようお願い申し上げます。
5万円以下のお支払いの場合、診断書は不要で入通院申告書・領収書・診察券(全てコピーで結構です)の提出でOKです。
リース契約(1年以上)で使用している車は加入OKです。
但し、原因によってはお支払いができない場合がございます。





ロードサービス

このサービスは特約を付帯された方が対象になります。

概要

サービス対象車両 自動車事故費用共済にご加入いただいた共済契約者の所有・使用する證券記載の自動車とします。
*ここでいう車両とは、自家用(普通・小型・軽)自動車、自家用(普通・小型・軽)貨物車、特殊用自動車(キャ
ンピングカー等)をいいます。
サービス有効期間 自動車事故費用共済共済期間中とします。
上記期間内であっても、共済契約を解除、失効、その他により存続しなくなった場合はサービスを受けることは
できません。
サービス提供先
と提供方法
提供先
自動車事故費用共済ロードサービスデスク
組合員専用フリーダイヤル 0120−54−9031(携帯・PHS可)
オペレーター500人にて365日、24時間体制で対応いたします。

提供方法
自動車事故費用共済にご加入いただいた方を、提携ロードサービス会社の会員に登録させていただきます。
自動車事故費用共済にご加入いただいた車輌1台ごとに、ロードサービス会員証を提供します。
サービスデスクを通さないで、ご自身で手配された場合はサービス対象外となります。
※上記デスクは、(株)安心ダイヤル(あいおい損害保険(株)の関連会社)と業務提携をすることによって、サー
ビスを提供しています。
サービス対象地域 日本国内であれば全国どこでも利用可能
(但し、離島は対象となりません。)
サービス指定業者 安心ダイヤル社が指定する全国3,000のサービスネットワークにより提供します。
平均的に30〜40分程度で現場へ急行するネットワークです。
サービスネットワークは安心ダイヤル社の統一料金体系により運営されています。

付帯サービス一覧

ロードサービス
(車のトラブルサポート)

サービス規定内無料 故障時緊急修理サービス
レッカー駆け付けサービス
落輪引き上げサービス
ご宿泊費用サービス
ご帰宅費用サービス
修理後搬送サービス

サービスの内容

故障時緊急修理
サービス

   
外出先(現場)での処理が可能な故障トラブルが発生した場合、以下30分程度・9項目の緊急対応を無料で
行います。
1.バッテリー点検・ジャンピング *1
2.鍵開け
3.ガス欠
4.スペアタイヤ交換 *2
5.各種オイル漏れ点検・補充
6.各種バルブ(電球)・ヒューズの取り替え
7.冷却水補充
8.ボルトの締め付け
9.サイドブレーキの固着
*1とはバッテリー上がりの車にケーブルをつないでスタートさせること
*2においてチェーン脱着は対象外
※セキュリティー装置付車両の鍵開け、バッテリー充電、パンク修理、ガソリン代、部品代 、オイル代等は無
料サービスの対象外(有料案内)です。
※自宅(自社)駐車場内及び契約駐車場での上記故障トラブルは無料サービスです。
基本的な考え方
1.出張(出動料・基本)料金、基本作業料を無料とします。特殊作業料金・有料道路料金は有料となります。
2.30分程度で直らない(部品交換を伴う場合、分解作業を伴う)作業は、現場修理不可能ゆえレッカーによ
り修理工場へ搬入することになります。
3.上記9項目以外は有料にて対応します。
4.無料サービスの平均費用は、1万円〜1.5万円(普通貨物車は2.5万円〜3万円)であり、金額の幅が
あるのは夜間作業等状況により異なるためである。  
レッカー駆け付け
サービス
  
事故・故障により車が動かなくなった(自力走行不能)場合、レッカーで現場に急行し、15キロまで無料で牽引します。
※1回分のレッカー費用がサービスの対象です。
※15キロを超える牽引については、その超過距離分が有料となります。
※自宅(自社)駐車場内での上記故障トラブルは無料サービス対象外(有料案内)です。
※電柱に食込んだ車両の引き出し、車両の吊り上げ等レッカー牽引を開始するまでに要する個別作業は有料
となります。
※4WD車、ローダウン車、エアロパーツ装備車等レッカー牽引を開始するまでに要する個別作業は有料とな
ります。※レッカー牽引を開始するまでに約30分以上かかる作業の場合は、30分以上の部分につき有料と
なります。※事故の規模が大きくレッカー車を2台以上要する場合は一部有料となります。
※縁石乗り上げ等で車両を道路に復帰した際に通常走行が可能な状態でレッカー牽引を必要としない場合
は、全額有料となります。
基本的な考え方
1.出張(出動料・基本)料金、基本作業料、牽引料金を無料とします。特殊作業料金・有料道路料金は有料
となります。
2.無料サービスの平均費用は、約1.5〜2.0万円(普通貨物車は2.5万円位)であり、夜間作業等状況
によりさらにプラスされます。
3.入庫先については特に規制はなく、組合員の希望する場所とします。また、安心ダイヤル社の優良な提
携工場をご紹介することもできます。
4.故障レッカーの事例としは、オーバーヒート・バッテリー充電・エンジントラブル、ラジエタートラブル、ミッ
ショントラブル等分解作業を伴う場合であり、古車に多い。
落輪引き上げ
サービス
  
外出先で車が落輪してしまった場合、レッカーで現場に急行し、落差1m以内まで無料で引き上げます。
※落差1mを超える引き上げについては、有料となります。
※縁石乗り上げは落輪とは異なり、サービスの対象外です。
※全ての車輪の落輪(転落)および横転などはサービス対象外であり、有料にて対応します。
基本的な考え方
1.落輪引き上げサービスは現場作業の結果自力走行の可否は関係なく、サービスの対象となります。
2.出張(出動料・基本)料金、基本作業料(落輪引き上げ作業料)を無料とします。特殊作業料金・有料道
路料金は有料となります。
3.サービス範囲内の引き上げ作業料自体は平均1万円位の費用です。サービス範囲外の作業になりま
すと、費用はさらに高くなります(有料案内)。
ご宿泊費用
サービス

    
自宅から直線距離で100キロ以上遠方の事故や故障で、自力走行不能となり車で帰宅できない場合、
宿泊のホテルや部屋を手配し、1人あたり15,000円を上限に宿泊費用を負担します。
※車検証の定員分まで、当日もしくは翌日の宿泊費用1泊分に限ります。
※サービスの利用にあたっては一時立替頂き、ロードサービスデスクへ後日請求していただきます
(領収書・専用費用請求書が要)。
専用費用請求書を安心ダイヤルより送付⇒領収書を添付して返送。
ご帰宅費用
サービス
自宅から直線距離で100キロ以上遠方の事故や故障で、自力走行不能となり車で帰宅できない場合に、
代替交通手段の手配及び1名20,000円を限度として帰宅費用を負担します。
※車検証の定員分まで、当日又は翌日の帰宅費用に限ります。
※代替交通機関とは、タクシー、電車(特急、新幹線を含みます。グリーン車を除く)、飛行機(普通運賃)、
船舶等をいいます。
※同乗者の帰宅経路が同方向でタクシーで相乗りする場合は、1台につき20,000円が限度となります
(20,000円×同乗者数とはなりません。)
※サービスの利用にあたっては一時立替頂き、ロードサービスデスクへ後日請求していただきます(領収書・
専用費用請求書が要)。
専用費用請求書を安心ダイヤルより送付⇒領収書を添付して返送。
※サービスの対象は帰宅費用であり、目的地までの費用としてはご利用できません。
修理後搬送サービス     自宅から直線距離で100キロ以上遠方の事故や故障で、自力走行不能の場合に、修理完了後の自宅
(自社)までの搬送の手配及び50,000円を限度して搬送費を支払います。
※普通乗用車ならば東京〜大阪間の費用が約50,000円です。
※一部の普通貨物車のように、搬送が困難で陸送手段になる場合の費用も対象となります。
※会員(共済契約者)本人が直接出向かれて車両を引き取られる場合は、片道の交通費(50,000円限度)
を負担します。

カーライフサービス(有料手配サービス)の内容

レンタカー紹介
サービス
事故・故障の際に、緊急に代車が必要な場合、レンタカーを優待料金で手配します。旅行・引越し等、
レンタカーが必要な場合、優待料金で手配をします。
受付け/AM10:00〜PM5:00
リサイクル部品紹介
サービス
国産自家用5車種のみ対象 *3
安くお車を修理したい方に、リサイクル部品を活用した経済的な修理の相談・手配をします。
受付け/AM10:00〜PM5:00
*3は自家用(普通・小型・軽)自動車、自家用(小型・軽)貨物車をいいます。
廃車手続き手配サービス 自家用普通貨物車2t以上はサービス対象外。
環境問題に対応した廃車処理の相談・手配をします。
受付け/AM10:00〜PM5:00

無料サービスの対象とならない事由

対象外事由
1.競争もしくは公道以外で使用された場合
2.破壊、テロ、暴動による場合
3.車検切れ、違法改造等の場合
4.地震、噴火、津波、戦争の場合
5.故意、無資格運転、酒酔運転が原因による場合
6.雪道、砂道、泥道等で単にスリップする状態
7.自宅(自社)駐車場及び契約駐車場での事故・故障